コーチ バックを買いました

コーチ バックを買いました。
コーチ バックと聞いても最初は、ピンとこなかったのですが、使っているうちにだんだんと味わいが出てきたんです。

それまでは、特に、ブランドにこだわることなく、自分が欲しいと思うデザインや色で決めていたんですが、コーチ バックを買ってからは、次は、やっぱりコーチ バックしかないと思いました。
何がいいって・・・・?それは使ってみないと分からないところもあるんですが、それも一般の特にブランドにこだわらない高級ブランドを使った方は実感されると思いますが・・・。

やっぱりコーチ バックは、つくり自体がしっかりしているんです。縫製ももちろんですが、デザイン、色、大きさ、そして使い勝手など、全てにおいて「やっぱりコーチ バック」って高級ブランドなんだって思わせられるんですよ。

金額は少々お高いんですが、今回、コーチ バックを買って本当に良かったと思いました・・・・3万円くらいからありますね、そこそこのコーチ バックなら。
考えてみると、中身より、コーチ バックの方が高いなんてこともありますが、でも、やっぱりコーチ バックを持っていると自分のレベルも上がったような気になるんですね。

あと、私が使っていて特に感じるのは、無駄のない大きさなんですね。大きすぎないし、小さくもない、ちょうどいい大きさなんです。
恐らく、このコーチ バックを作るのにかかった時間が相当なものなんだと思います。

何回も試行錯誤を繰り返し、テストをして、実際に使う人の立場に立って作られていると思います。
また、使うほどに、自分にフィットしてくるような気がします。

革製が殆どですが、コーチ バックの場合はかなり上質な革が使われています。
いいものはお値段がしますが、長く使えるし、使うほどに味わいが増す、そして考え抜かれて作られている、そのお値段がして当たり前ですし、使う側にそう思わせるのが本当のブランド品と言えるでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。